(パ~ズル博士)
得体の知れないおやじな博士。博士と言えど一体何の博士かは不明。いろんなところに出没する癖がある。実際に何かにつけて癖が悪い。
実際、このゲームではある意味キーマンと言えなくも無い。
時に、ヒントも出したりと、いい所あり。小ネタや小道具の使い手。
(ファンキーキカイ1号)
パ~ズルはかせの手下。こいつがなかなかのおちゃめ野郎で、人間的な要素を持った不思議な機械。口から色んなモノを出したりする。要注意。
このゲームの主役。いろいろな惑星を旅して与えられた使命を果すべく、あらゆる危険を乗越えて行く、なんともすんばらしい奴。いろんなエイリアンに惑わされながら勇敢に立ち向かう。時々アホ。
(オレンジーナ)
見た目可愛らしいペットのようだが、案外面倒臭がり屋つつくとしゃべる単細胞なところもある。
(金太郎兄)
スーベニアン星のゴールドショップオーナー。叩き売りする癖があるので、あまり儲かっていない。昔は違う惑星で働いていた。放浪癖があるため度々移動したりする。しかし、博学なため人からは頼られることがあり、いろいろと教えてくれるなかなかイイ奴。
(メディーゴ)
頭脳明晰なチビ目玉。なぞなぞ好きで場をなごませるが、解りにくいため無視されたりする。怒り出すと鉄砲玉のように手をつけられない。超能力を持ち思いのままに形を変えることができる。オレンジーナと仲良し。
(ブルーデン)
目玉一つの宇宙人だが、脳みそは二つある見かけによらず頭は良い。丸くなってボールのごとく跳ね回ることがある。案外シャイな性格。
(金次郎弟)
ゴールドショップの番人。兄の金太郎と共に商売をする。時々昔を思い出し相撲を始めたがる。盗人には立ち向かうが、根はやさしい。少々単細胞なところがあるが、愛嬌でごまかす。得意技は押し出し。
(目玉堂店主)
口が達者な商売上手。それが災いしてついポロッといらん事を言ってしまったりする。現在はオープン記念でおみやげを配ってる。時々首が伸びたりもする。
(カッパグリーナ)
水場の近くにしか棲息しない宇宙人。ポロッと口をすべらすので、周りからの信用がない。水をがぶ飲みすると巨大化するが頭は悪い。
(怪獣ビバノドン)
鳥に似た怪獣。いろんな所に出没し、何でもすぐ食べてしまう癖がある。本能だけで動く幸せな生き物。怪獣のくせにおめめはかわいい。
(ピッピジェッター)
とにかく、お調子者。いつまでたっても子供のようなところがある。つつくとピッピーと鳴く。情報屋なところがありとんでもないことを言ってしまう事がある。
(サケジィ)
ゲームセンターのおやじ。いつも酔っぱらっているが、なかなかいい奴。酔っぱらってつい余計な事をしゃべってしまうダメなところがある。喜んでいる時は耳を動かす。
(バーバラピンキー)
お色気ムンムンのおねぇさん。スーベニアン星のLINK STREETでは知らないものはいない有名人。よそものにはすぐに色目を使い虜にしてしまう。性格はやさしく何でも教えてくれる、野性的なおねぇさん。
(ファンキーキカイ2号)
モノまね上手なへんな機械。パーズル研究所で1号と共に能力を発揮する。日頃は寝てるづぼらな機械。
(プーピー・ラピーズ)
プーピー・デパーチャーの支配人。スーベニアン星を飛び立つ場合はココからしか出発できない。暗号を入れるとすんなり通してくれる。最後のヒントをしゃべる重要な役割。
(ナベゴン)
目玉の飛び出た変なやつ。いつも笑っていて、特に凶暴でもなくおとなしい性格。しかし、一旦怒ると止まらない。怒ると目玉ビームで石に変えてしまう不気味なやつ。普段はまず危害を加えない。
(コンマベータ王)
コンマベータ星に棲む悪魔の大王。怪獣ビバノドンをペットにしてると言われる。どちらにしても、人喰いエイリアンには間違いない。